色んな情報が飛び交うこの世の中、いま手に取っているモノは何処で誰が作っているのか?
be my selfが取り組んでいる商品は、そんな疑問のない、作り手の顔が見える商品をお届けしています。
安全で美味しい食物を生むために、台風や雪の日も作物を守り子どものように育てています。そんな作り手の人生をかけて作り出した生産者のモノづくりへの拘りを広めるために、全国へ配信しています。
家族のために、自身のために、笑顔になれる安心で美味しいモノをカラダに届けましょう。

色んな情報が飛び交うこの世の中、いま手に取っているモノは何処で誰が作っているのか?
be my selfが取り組んでいる商品は、そんな疑問のない、作り手の顔が見える商品をお届けしています。
安全で美味しい食物を生むために、台風や雪の日も作物を守り子どものように育てています。そんな作り手の人生をかけて作り出した生産者のモノづくりへの拘りを広めるために、全国へ配信しています。
家族のために、自身のために、笑顔になれる安心で美味しいモノをカラダに届けましょう。

大野さん 米への思い

生きていく上で大切なのは未来に向かって前向きな希望を持ちそして心身ともに健康なことではないかと思っています。私はお米を作るときに、稲を擬人的に考えて育てています。

たんぼに出かけ、しゃがんでじっと凝らしてみると苗一本一本にも個性があるのではないかと思い、それぞれの個性を引き出してあげるのが大切だとすごく思うようになりました。よく作物と会話をしながら育てると言う話を以前から聞いておりましたが、今は稲の立場に立って育てていくことではないかと思っております。

そしてその思いが呼応して自分に戻ってくると信じ、稲との信頼を築き上げるのではないかと思っています。

特に栽培で心がけている点は、田植えをしてすぐたんぼにたくさんの水を入れることと最低限の肥料しかあたえないことです。まず水を一番上の葉だけが見えるくらいの深水にします。

風が吹けば風下は水かさが増し苗は潜ってしまいます。苗はおぼれかけたときに必死に生きようとする力がそこから生まれます。最初に負荷をかけることによってまず生きる力をつけることが大切だと思っています。

根の周りには肥料が最低限しかありませんので、深水で培った力で根を下に伸ばし栄養を吸収しようとバランスのいい栄養摂取をしようとします。

擬人的に考えるならば、人間ではこれが自立であり、米では美味しさにつながっていくのではないかと信じています。一人で生きていく力、すなわち自立するということではないでしょうか。

まさしく子育てと同じではないかと思っています。

良い環境を親が作りその中で子どもを守るのではなく、子どもの潜在的な力を信じて引き出し、敢えてハードルを上げ自分の力で乗り越えていく環境を作ってみる。そして温かく見守ってあげることではないかと思っています。

これからも自分の思いと愛情を十分稲に注いで作ろうと思います。

大野 満雄

PAGE TOP